FC2ブログ

女子部・全国白蓮グループ大会 2018年7月3日


池田先生ご夫妻がメッセージ   
「星は光りて」誕生40周年 7・8「グループの日」を記念
白蓮華のように、使命の場で強く美しく咲き薫ろう!――自身の課題に挑戦し抜き、歓喜にあふれた全国の白蓮グループの友(八王子市の東京牧口記念会館で)
白蓮華のように、使命の場で強く美しく咲き薫ろう!――自身の課題に挑戦し抜き、歓喜にあふれた全国の白蓮グループの友(八王子市の東京牧口記念会館で)

 女子部の「全国白蓮グループ大会」が1日午後、池田大作先生が作詞・作曲したグループ歌「星は光りて」の誕生から40周年、7・8「グループの日」記念の意義を込めて、八王子市の東京牧口記念会館で開催された。これには47都道府県から友が集い、原田会長、永石婦人部長、伊藤女子部長が出席。池田先生ご夫妻は万感のメッセージを寄せ、世界広布の清々しい力となっている白蓮の連帯を心から称賛。大きな明るい心で友を照らし、幸と平和のスクラムを満天の星のごとく広げていっていただきたいと望んだ。(3面にメッセージ全文と関連記事)

 抜けるような青空が広がった八王子。
 この日を寿ぐように、セミの大合唱も、にぎやかに響く。
 その中を、清新な乙女たちが、朗らかに語らいながら師弟の殿堂に陸続と集ってきた。
 近年で最高となる“班1”を超える弘教・入会決意を達成して、大会を迎えた白蓮グループ。
 「先月、御本尊流布を成し遂げて、ここに集うことができました!」(和歌山)
 「小学校時代の同級生が任用試験に合格しました! 大会を待ち望んでいました」(北海道)
 一人一人の顔には、歓喜と希望と誇りが満ちあふれていた。
 東京牧口記念会館に隣接する牧口記念庭園には、グループ歌「星は光りて」の歌詞が刻まれた「白蓮之歌碑」が立つ。
 ――1978年(昭和53年)、“白蓮グループに新しい歌を”と有志が歌詞を作成。7月3日、女子部の代表が東京・立川文化会館の池田先生のもとを訪れた。
 先生は「心配しなくていい、全部やってあげるから」「白蓮グループのメンバーの日ごろの労にお応えしたいのです」と自ら歌詞を口述。メロディーも口ずさみ、“学会の宝”である清らかな“白蓮の友”を守り抜こうとの慈愛を込めた。

スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

kouhatuki

Author:kouhatuki
広宣流布専用のアカウント。
どこまでも、先生と共に!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle訪問数sidetitle