FC2ブログ

全国で諸精霊追善勤行法要 2018年7月5日

2001・4撮影  


今月15日を中心に各地の会館で開催

 「創価学会諸精霊追善勤行法要」が、お盆に当たる今月15日(日)を中心に、全国の主要会館で営まれる(地域によっては、旧盆の8月15日に実施)。
 法要では、勤行・唱題、焼香を厳粛に行い、広布の途上で亡くなられた全同志をはじめ、家族や友人・知人、先祖代々の三世永遠にわたる安穏と福徳を深く祈念する。
 日蓮大聖人は、若くして父を亡くした南条時光に対して、こう仰せである。
 「いよいよ強盛なるべし、さるほどならば聖霊・仏になり給うべし、成り給うならば来りてまほり給うべし」(御書1512ページ)
 生命は永遠であり、生死は不二である。ゆえに、故人の分まで強き信心を貫いていくことが、一家眷属、子孫末代の永遠の幸福と栄光を勝ち開いていくことに通じる。
 かつて池田先生は、つづった。
 「どんなに苦しい難があっても、いよいよ強盛な信心に立って、広宣流布のため、人びとのため、社会のために戦い続ける。それが、亡き家族への最高の供養ともなる。
 そこに、生死を超えて家族が一体となり、永遠に福徳に包まれ進みゆく常楽我浄の道が開かれる」
 故人に思いをはせるとともに、広布拡大への誓いを新たにする法要としていきたい。

スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

kouhatuki

Author:kouhatuki
広宣流布専用のアカウント。
どこまでも、先生と共に!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle訪問数sidetitle