FC2ブログ

世界広布新時代第36回本部幹部会・九州総会 2018年7月10日


池田先生がメッセージ 誓願の広布の道を恐れなく
原田会長、永石婦人部長が海外の友、各部代表と出席
福岡 佐賀 長崎 熊本 鹿児島 大分 宮崎 43会館と中継
九州の天地で開催された本部幹部会。福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島、大分、宮崎の同志たちは互いに支え合い、励まし合って、この日を迎えた。「先駆」の誇りを受け継ぐ青年部・未来部を先頭に、学会創立100周年の2030年へ、広布の山を力強く登りゆく(九州池田講堂で)
九州の天地で開催された本部幹部会。福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島、大分、宮崎の同志たちは互いに支え合い、励まし合って、この日を迎えた。「先駆」の誇りを受け継ぐ青年部・未来部を先頭に、学会創立100周年の2030年へ、広布の山を力強く登りゆく(九州池田講堂で)

 「世界広布新時代第36回本部幹部会」が8日午後、「九州総会」の意義を込めて、福岡市の九州池田講堂で盛大に開かれた。これには原田会長、長谷川理事長、永石婦人部長が各部の代表、来日した13カ国・地域のSGI(創価学会インタナショナル)の友と出席。九州7県の43会館と中継で結び、計3万5000人が集い合った。池田大作先生はメッセージ(3面に掲載)を贈り、豪雨被害に遭った各地の友へ、心からのお見舞いの言葉を寄せた。そして、「地球を包みゆく異体同心の団結で、『大悪をこれば大善きたる』(御書1300ページ)の実証を勝ち示していこう」「『妙とは蘇生の義』(同947ページ)の蘇る生命力で一切を変毒為薬し、不屈の『人間革命』の前進を」と呼び掛けた。さらに先生は、小説『新・人間革命』を、戸田城聖先生の「原水爆禁止宣言」の日である9月8日の完結を目指して書き進めていると披歴した。(2・3面に関連記事。全国中継は13日から17日〈中継の会場と時間は各県・区で決定〉)

 雲間から時折、降り注ぐ柔らかな光。にぎやかなセミの声。
 本部幹部会が開かれている間、九州池田講堂の外は穏やかな天気に恵まれた。
 池田先生は幹部会に贈ったメッセージの冒頭、豪雨被害に遭った地域の友に思いをはせた。
 「被災地の方々に届けと、ひたぶるに題目を送っております。支援・激励、また復旧に尽力される皆さん方も、本当にご苦労さまでございます。
 尊き宝友を一人ももれなく、三世十方の仏菩薩よ、無量無辺の諸天善神よ、断固として護りに護り給えと、私はいよいよ強盛に祈り抜いてまいります」
 たとえ苦難の嵐が吹き荒れようとも、希望の道が開けないわけがない。必ずや、平和と安穏の楽土を築き、幸福の人生を輝かせていくことができる。
 苦悩を突き抜け、歓喜に至れ!
 不撓不屈の精神で前進する先駆・九州の友、そして各国・各地から集った友の心が一つになった――。

スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

kouhatuki

Author:kouhatuki
広宣流布専用のアカウント。
どこまでも、先生と共に!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle訪問数sidetitle