本部幹部会・九州総会への池田先生のメッセージ 2018年7月10日


牧口先生、戸田先生の法難から75年
牧口先生「私の後に必ず青年が続く」
広布加速の原動力 衛星中継開始30年目 陰で支える全ての友に感謝
本部幹部会に参加した九州青年部・未来部が、学会歌「青年よ広布の山を登れ」を歌い上げる。“広宣流布の未来を担うのは私たち!”との誓いに燃えて(九州池田講堂で)
本部幹部会に参加した九州青年部・未来部が、学会歌「青年よ広布の山を登れ」を歌い上げる。“広宣流布の未来を担うのは私たち!”との誓いに燃えて(九州池田講堂で)

 一、初めに、このたびの記録的な豪雨の被害に心よりお見舞いを申し上げます。
 被災地の方々に届けと、ひたぶるに題目を送っております。支援・激励、また復旧に尽力される皆さん方も、本当にご苦労さまでございます。
 尊き宝友を一人ももれなく、三世十方の仏菩薩よ、無量無辺の諸天善神よ、断固として護りに護り給えと、私はいよいよ強盛に祈り抜いてまいります。
 一、愛する大九州の栄光凱歌の総会、そして世界の気高き求道の友を迎えての本部幹部会に、万感の思いを込めてメッセージを送ります。
 わが学会の衛星中継が始まって、今年で30年目になります。
 数学の天才であった戸田先生はよく、「通信技術の発達は、広宣流布が飛躍的に加速する兆候なんだよ」と展望されていました。その通りに、20世紀から21世紀の大転換期にあって、我ら創価家族は、衛星中継を通して、固く強く心を一つに結び合い、邪宗門をはじめ僭聖増上慢の迫害とも悠然と戦い抜きながら、世界宗教として大発展を遂げることができたのです。
 中継を陰で支えてきてくれた全ての方々に、私は心より感謝申し上げます。
 〈衛星中継は1989年8月24日にスタート。その後、離島や山間地の個人会場でインターネット中継が始まり、現在は、地上光回線ネットワークを利用した中継システムに移行している〉

不二の師弟で正義の勝ち鬨を

 一、鮮烈に思い起こされるのは、2005年の11月、同時中継で結ばれた、大九州の10万人の若人による、ベートーベンの名曲「第九」の圧巻の大合唱です。沖縄と韓国の青年も参加した、この「アジアの第九」を、私は東京の学会本部で最初から最後まで見つめました。距離を超えて、不二の師弟で正義の勝ち鬨を轟かせた、永遠に忘れ得ぬロマンの劇です。
 そして、きょうの総会も、私は大好きな九州への80回目の訪問との思いで、福岡の講堂、ならびに全九州12総県・43会館に勇み集った誉れの全同志の大勝利の勇姿を見守っております(大拍手)。
 壮年部・婦人部のリーダーたちの顔も本当に懐かしい。頼もしく、凜々しい青年部・未来部の友とも、私は一人一人と心の握手を交わしています。
 さらに、九州家族と一緒に素晴らしい交流の歴史を刻んでくれた、海外の指導者の皆さん方も、何と輝き光っていることでしょう!
 一、御本仏・日蓮大聖人が願われた、「自他彼此の心なく水魚の思を成して」(御書1337ページ)広宣流布に進みゆく究極の団結は、この創価のスクラムにのみあります。
 異体同心なればこそ、わが学会は断じて負けない。絶対に行き詰まらない。必ずや万事を成就し、皆が尽きることのない大功徳を受け切っていけるのです。
 これまでも、ありとあらゆる苦難を我らは異体同心で乗り越えてきました。これからも、全国・全世界の創価家族が地球を包みゆく異体同心の団結で、「大悪をこれば大善きたる」(同1300ページ)の実証を勝ち示していこうではありませんか!

先駆の誓願胸に

 一、さて、今、世界中の友が仰ぎ見る牧口先生の肖像写真は、実は、福岡市の写真館で撮影されました。それは、戦時中の1940年(昭和15年)の11月、69歳の牧口先生が九州各地を折伏に奔走される最中です。
 写真館を営んでいたのは、半年前に東京で牧口先生にお会いし、その尊い振る舞いに感動して入会した青年です。新入会の青年たちを大切に育てた先生は、彼の家にも足を運んで励まされたのです。この折、青年は、ぜひとも先生の偉大な風格を留めさせていただきたいと申し出て、全魂込めて撮影に臨みました。
 九州の若人ならではの、ほとばしる熱き真心があればこそ、「師子王の心」に燃え立つ「創立の父」のお姿が、厳然と今に伝えられているのであります。
 この写真撮影から3年後の7月、牧口先生と戸田先生は、死身弘法を貫かれたがゆえに法難に遭われました。今年で、75星霜となります。
 両先生が共に、それぞれの御書に強く線を引いて、身読された御聖訓を、きょうは改めて、後継の門弟一同で拝したい。今月の座談会の拝読御書にもなっている「種種御振舞御書」の一節です。
 通解で拝するならば――「各々、わが弟子と名乗る人々は、一人も臆する思いを起こしてはならない」(同910ページ)、「妙法蓮華経の五字が、末法の初めに全世界に広まっていく瑞相として、日蓮が先駆けしたのである。わが一門のものたちは、二陣、三陣と続いて、迦葉や阿難にも勝れ、天台や伝教をも超えなさい。わずかばかりの小島である日本の国主らが脅すのを恐れては、閻魔王の責めをどうするというのか」(同ページ)と。
 牧口先生は草創の九州の母に「私の足跡の後に必ず青年が続々と続きます」と宣言され、書き留められました。この書面は、後に特高刑事に押収されましたが、今まさに世界中の青年が陸続と躍り出ているではありませんか!
 我らは、誇り高き「先駆」の誓願のままに、いよいよ恐れなく、広宣流布、立正安国の先頭に立って、民衆の幸福と平和のために戦い進んでまいりたい。
 ここにこそ、人間として、これ以上ない栄光と福徳の人生があり、万人が未来永遠に崩れない常楽我浄の大境涯を開きゆける道があるからであります。
 そして、全国で最初に結成された九州多宝会の尊き父母たちのように、一人一人を温かくおおらかに励まし、希望の歌声を仲良く力強く響かせながら、若き地涌の世界市民を、二陣、三陣と限りなく呼び出していこうではありませんか!(大拍手)

変毒為薬の前進

 一、皆さんに応援をいただいている小説『新・人間革命』の執筆も、おかげさまで総仕上げに入りました。連載の完結は、9月の8日、すなわち恩師の「原水爆禁止宣言」の日を目標に進めていることを、ここで報告させていただきます(大拍手)。
 「妙とは蘇生の義」(同947ページ)です。題目と共に日々、蘇る生命力で一切を変毒為薬し、不屈の「人間革命」の前進をと申し上げ、メッセージといたします。お元気で!(大拍手)

スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

kouhatuki

Author:kouhatuki
広宣流布専用のアカウント。
どこまでも、先生と共に!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle訪問数sidetitle