不敗の原点「大阪大会」60周年記念特集

⑤

師弟こそ仏法の真髄なり
赤れんがの壁と緑のドーム屋根が特徴的な中之島の「大阪市中央公会堂」。数々の関西広布の節目を飾る舞台となってきた。2002年(平成14年)、国の重要文化財に指定された
赤れんがの壁と緑のドーム屋根が特徴的な中之島の「大阪市中央公会堂」。数々の関西広布の節目を飾る舞台となってきた。2002年(平成14年)、国の重要文化財に指定された
 きょう7月17日は、1957年(昭和32年)に中之島の大阪市中央公会堂で「大阪大会」が行われた日である。この時の“戦いは負けたらあかん”との「関西魂」は今、世界に輝き広がる。ここでは、「不敗の原点『大阪大会』60周年記念特集」として、関西婦人部の代表の証言を交え、その精神を確認する。

 大阪市の関西池田記念会館に「師弟常勝之碑」がある。碑文は、「大阪大会」50周年の2007年(平成19年)7月、池田先生が関西の友に贈ったものだ。
 その冒頭は「師弟こそ 仏法の真髄にして 最極の魂の結合なり」と。
 創価学会は、「師弟」という深い人間の絆で結ばれた団体である。ここに、権力の不当な弾圧にも屈しない強さの源泉がある。
 60年前、権力の魔性が牙をむいた「大阪事件」に、関西は負けなかった。師と共に、迫害を堂々と勝ち越えた。関西の友が満天下に示したのは、「師弟」の底力にほかならない。
 1957年(昭和32年)7月3日、池田先生は事実無根の冤罪で、不当逮捕された。発端は、3カ月前の参院選(大阪地方区の補欠選挙)にさかのぼる。一部の会員が起こした選挙違反を、池田先生に強引に結び付けたのである。
 この逮捕までに、警察と検察は、学会員に威圧的な取り調べを行った。
 当時、女子部班長だった林智栄子さん(関西婦人部総主事)。参院選から数日後、刑事が自宅に来た。戸別訪問の容疑だという。
 連日、朝から晩までの取り調べ。刑事は「誰の指示で動いた!」と問い詰めた。戸別訪問などしていない林さんは、否認し続けた。
 その後、取り調べは大阪地方検察庁へ移った。そこでは、複数の検事に取り囲まれた。

同記事の続きは本紙へ~
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

kouhatuki

Author:kouhatuki
広宣流布専用のアカウント。
どこまでも、先生と共に!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle訪問数sidetitle